ハンバーグの歴史

vol.10

日本最古のハンバーグレシピとは?

日本において、文献に残された最も古いハンバーグレシピとされるのが1895年(明治28年)に発行された「女鑑」12月号で紹介されたものになります。

最古のレシピ グーグー

題して「ハンパクビフテーキ」の作り方。

“牛肉の筋を取り、よく叩き、胡椒と塩をよき程に加えて、更に叩き交ぜ、小判型に縦三寸位に固め、別に玉葱を極(ご)く細かに切りたるを、小判型の両面に付けて之(これ)をフライ鍋にてバターを解きたる処(ところ)に入れ、両面より交る交る焼くべし。
其(その)焼けたる肉をば揚げ置き、残りたる汁(つゆ)にセリー酒又は葡萄酒に小麦粉よき程に加えて、攪(か)きまわし、其(その)味を調え、前の肉を皿に盛りて、其(その)上に比(この)汁(つゆ)を注(かけ)るなり。”

肉汁とワインのソースで楽しむ、牛肉100%つなぎなしのハンバーグ。
玉ねぎを表面にまぶす以外は、現代のハンバーグと大差ありません。それどころか、むしろ高級かも!?

「女鑑」は1891年(明治24年)に創刊された婦人雑誌。
同年には、家庭向け料理としてロールキャベツやコロッケのレシピも紹介しています。
と言っても、これらの西洋料理は高嶺の花どころか、その存在すらほとんど知られていなかった時代の話。料理の名称もまだ定まっていません。
同年に開業した「銀座煉瓦亭」では、明治30年代に入るとハンバーグ料理を提供し始めましたが、当時の名称は「ジャーマン・ステーキ」。1907年(明治40年)創業の「神田松栄亭」では「ジャーマン・ビーフ」だったそうです。

ドイツの都市「Hamburg(ハンブルグ)」が転じて、現在に続く「ハンバーグ」になったわけですから、これらのネーミングはその変遷の中で生まれたネーミングと言えそうです。
「ハンパク」…ちょっと可愛いかも。

更新:2019年03月06日
※ 内容は記事更新時の情報です。
関連記事
世界のハンバーグ史のはじまり

2016.05.19

高度経済成長と共に根付くハンバーグ文化

2016.05.19

知られざる和風ハンバーグの歴史

2018.03.30

新着記事
いきなり!ステーキ全店で『ビーフシチューフェア』開催!

2021.01.15

究極の口溶け『神戸牛100%!生ハンバーグステーキ』が「ロバート 難波店」にランチ限定で登場!

2021.01.05

“豚100%ハンバーグ”専門店「Hamburg Conel(ハンバーグコネル)」京都・四条木屋町にNEW OPEN!

2020.12.11

"ハンバーグの歴史" 一覧へ