外食ハンバーグレポート

vol.25

新地精肉店福や

新地精肉店福や

もう少し西へ進んで大阪までやってきました!大阪でもグルメで味にうるさい街「北新地」のハンバーグ、紹介いたします。今回、紹介するのは、「新地精肉店 焼肉福や」さんです!こちらのお店、もともとは焼肉屋さんなのですが、お昼はハンバーグを提供しているんです。そう、“穴場ーグ(アナバーグ)”なお店なんです!しかも、こちらのお店では少し変わったハンバーグの食べ方をしているということでも注目されています。では、早速紹介です!

こちらがお店の外観です。外観の印象としてはあまり焼肉店っぽくないスタイリッシュさがあります。ただ、店の入り口付近に近づいていくと・・・

新地精肉店福や

こんなにでっかいお肉の塊が・・・!!!これは空腹には大敵なビジュアルでお出迎えしてくれます。このお肉を見て、完全にハンバーグを100%楽しむことができる気分とお腹にさせてくれます。こちらのお店のハンバーグメニューは全部で3種類。「福やの定番ハンバーグランチ」、「クアトロフロマージュ(4種のチーズ)ハンバーグランチ」、「和風きのこあんかけおろしハンバーグ」です。今回は、この中からランチタイム早々に完売してしまう日もあるといわれる、「福やの定番ハンバーグランチ」をご紹介!こちらのお店では、アツアツのココットに入った状態でハンバーグが提供されます。ココットのふた開ける瞬間からこのメニューの楽しむがはじまるのです!

新地精肉店福や

どうですか!このグツグツ具合!写真ではちょっと伝わりにくいかもしれないですが、出てきてふたを開けた瞬間には、ソースがまだグツグツしていて湯気がブワッと立ち上がってきます!
早速いただいてみたのですが、ソースはデミグラスベースなんですが、酸味の効いていて見た目とは反して少しあっさりとした味わいが楽しめます。ココットの中には、ハンバーグだけではなく、ペンネ、カボチャ、さつまいも、エリンギ、ハッシュポテトと副菜も具だくさん!これはすごくうれしいです。そのまま食べるもよし、ソースにつけて食べるのもさらによし!といった感じです。

しかし、ココのハンバーグはそれだけにとどまりません!さらにもう一つ楽しみ方があるのでそちらを紹介して締めたいと思います。

新地精肉店福や

それがこちら!セットについてくる生卵を溶いてココットの中に流し込みましょう。これがまたうまい!先ほどまで酸味の効いたデミグラスソースに卵黄の甘みがプラスされてとってもまろやかなソースに様変わりします!先ほどまで食べていたハンバーグとは生卵ひとつでこんなにも味が変わるのかととってもびっくりさせられました。オススメは、ハンバーグを半分、もしくは2/3くらい食べたあたりで生卵を投入するのがいいかなと思います。ぜひ、2つの味わいを楽しんでみてください!

大阪駅周辺でお仕事されている方、ぜひ足を運んでみてください!

お店情報はコチラ
所在地 大阪府大阪市北区曽根崎新地1-7-5
web webサイトはコチラ
営業時間 月~木 17:30~翌3:00(L.O.2:00)・金 17:30~翌4:00(L.O.3:00)・土 17:30~24:00(L.O.23:00)※ランチタイムはいずれも、11:30~13:30(売切れ次第終了)
定休日 日曜日、祝日
アクセス JR東西線 北新地駅 徒歩5分 JR 大阪駅 徒歩10分
更新:2015年02月08日
※ 内容は記事更新時の情報です。
関連記事
ギューギューMASA@中目黒

2014.01.23

俺のハンバーグ山本渋谷食堂

2014.12.12

CAFÉ モボ・モガ@渋谷

2017.07.27

新着記事
【黒毛和牛ハンバーグ登場】全国のブロンコビリーにて!

2018.11.15

【QUEEN’S ISETAN】ハンバーグステーキシリーズ4種が新発売!

2018.11.13

【倍バーグキャンペーン第2弾開催中】全国のガストにて!

2018.11.09

"外食レポート" 一覧へ