外食ハンバーグレポート

vol.13

キッチンoh!way

キッチンoh!way

今回ご紹介するお店は、池袋のハンバーグを語る上では、外せない名店。「キッチンoh!way」さんです!
池袋の東口を出てから豊島区役所方面に向かって少し歩いていくとお店が見えてきます。駅から少し遠いのにもかかわらず、いつも行列ができているのが、こちらのお店。行列ができるというのは、人気店の何よりもの証明ではありますが、ハンバーグ専門店の行列ってなにか新鮮味を感じます。

並んでから五分ほどするとお店の人がこの看板を持って店内から出てきました。
な、なんと完売!?!?!?
時刻は土曜日午後一時半。私の後ろで並んでいた二人組のお客さんまでで完売となってしまいました。すごいですね、ハンバーグのパテが売り切れるなんてことがあるんですね。ますます期待のハードルが上がるばかりです。

キッチンoh!way

お店に入る前には、メニュー一覧と思しき看板があります。ここで、どんなメニューを頼もうかを悩むわけです。
ちなみに、こちらの定番メニューは「牛すじシチューかけハンバーグ」。これが、キッチンoh!wayの名物メニューです。その他にも、和風のハンバーグやチーズハンバーグなど、比較的ハンバーグのメニューでも王道系のメニューがそろっているという印象です。
ちなみにランチでいくと、サラダとライスがセットでついてきます。

キッチンoh!way

今回、オーダーしたのは、やはり名物の「牛すじシチューかけハンバーグ」!やわらかほろほろの牛すじとじっくり煮込んだシチューソースがハンバーグ全体を覆うこのビジュアルだけでもご飯が進みそうな仕上がりです。
店内を見渡してみると、半数くらいの人がこのメニューを注文されていました。やはり、名物メニューというだけの人気っぷりを食べる前から感じさせていました。

キッチンoh!way

こちらがハンバーグの断面図。やはり、デミグラス系の濃厚な味わいを楽しむソースの場合は、しっかりとハンバーグのパテ自体に火を通して食べるスタイルになっています。
実際に食べてみると、ソースは見た目の印象ほどこってりとしているわけでもなく、デミ系のソースの割には口当たりがやさしい印象でした。その分、肉汁がうまく絡み合い、ソースとパテの両方が活きる味わいになっていたように感じています。ここにもハンバーグの王道を知っている・わかっているという意識の表れを勝手ながらに感じた次第です。

キッチンoh!wayさんのメニューの構成やハンバーグの焼き方・味付けなどを総合すると、一ハンバーグ好きの視点から考えると、斬新さなどはないモノの、みんなが知っている味、みんなが「ハンバーグってこれだよね」という誰もが理解しあえるハンバーグを作っていらっしゃるのではないかなと感じました。

この親しみやすさが行列を作っているのかなとハンバーグを食べ終えた時にふと思いました。とってもおいしいハンバーグでした。池袋に訪れた際は、ぜひお試しあれ!!

お店情報はコチラ
所在地 東京都豊島区東池袋2-57-2 コスモス東池袋 1F
web webサイトはコチラ
営業時間 ランチ 11:30~14:30(L.O.)
ディナー 18:00~21:00(L.O.20:30)
定休日 月曜日
アクセス JR池袋駅東口、徒歩8分。六又交差点を右折すぐ
更新:2014年08月26日
※ 内容は記事更新時の情報です。