理事長が斬る!

vol.15

ハンバーグ界のトレンド16年春~チルド商品編~

チルドハンバーグの主流はボリュームアップ&高級路線にあり

伊藤ハムが15年春に発売した『旨包(うまづつみ)ボリュームリッチハンバーグ』シリーズがヒットしたことにより、各メーカーがボリュームアップ&高級路線にシフトしています。
その背景には、チルドハンバーグがお弁当だけでなく夕食のおかずとしての需要が高まってきたことが関係しているようです。
ハンバーグ専門店・ファミレスのハンバーグの重さが、平均160g以上が主流であるのに対し、既存のチルドハンバーグは120g以下が大半。そこで、この商品も品質にこだわった上で160gのボリュームアップを図っています。

伊藤ハム 15年3月15日発売
『旨包ボリュームリッチハンバーグ』(160/220g)希望小売価格432円(税込)
(自家製デミグラスソース)(焦がし醤油の照り焼きソース)(チーズ入り)

日本ハム 16年2月1日発売
『極み焼ハンバーグステーキ』(170/225g)希望小売価格443円(税込)
(デミグラソース)(和風おろしソース)

ハンバーグ界のトレンド16年春~チルド商品編~

米久 16年3月1日発売
『国産黒毛和牛入り 超肉ハンバーグ』(170g)希望小売価格432円(税込)
(濃厚デミグラスソース)(香ばし醤油焼肉ソース)

ハンバーグ界のトレンド16年春~チルド商品編~ハンバーグ界のトレンド16年春~チルド商品編~

 

更新:2016年05月25日
※ 内容は記事更新時の情報です。
関連記事
古舘伊知郎風ハンバーグレポート【びっくりドンキー】

2018.11.06

【特別企画】煮込みハンバーグソース最新カタログ

2018.11.22

日本ハンバーグ協会機関紙「バーグ・トゥ・ザ・フューチャー」第2号登場!

2018.10.03

新着記事
【あのバーガーも復活!「肉祭」フェア開催】全国のガストにて!

2019.05.15

明治時代、初めて公の場で披露されたハンバーグはトマトソースだった!?

2019.05.10

「飲めるハンバーグ 高田馬場店」が「肉SAKABA飲めるハンバーグ」にリニューアル!

2019.05.09

"理事長が斬る" 一覧へ