外食ハンバーグレポート

vol.17

米とサーカス

米とサーカス

今回紹介するのは、高田馬場にある「米とサーカス」さんです!こちらのお店は、シカやイノシシなど普段あまり食べる機会の少ない獣肉、いわゆるジビエを楽しむことができるお店なんですが、なんでも、ジビエのハンバーグがあるという情報をキャッチしたので早速行ってきました!!場所は、高田馬場駅のJR早稲田口から徒歩1分。少し細い路地を歩いていくと右手にデカいフラッグが目に入ってきます。

ドドドーン!!!
このフラッグが目印です。これが見えたら、このフラッグに向かって右側にお店があります。
お店では、ジビエメニューはもちろんですが、普通の飲食店でもあるようなポテサラやチャーハンからクジラ肉やダチョウの刺身など、なかなか見ることのない動物の肉まで豊富に取り揃えています。中でも特徴的だなと感じたのが、ワニのたこ焼きとカンガルーのヒレカツ(笑)
初来店ということもあって、注文する勇気が湧きませんでしたが、どんな味なのかはすごく気になります。。次回来店したときにはそちらにもチャレンジしたいなと思います笑

さて、話を戻しましょう。ハンバーグレポートなので、ハンバーグをお届けします!こちらのお店では、鹿肉のハンバーグが注文できます。鹿肉と聞くとやっぱりどうしても固いんじゃないかなという印象も持ってしまいがちなんですが、そんなイメージを一気に払拭してくれるハンバーグでした!それがこちらですっ!!

米とサーカス

これが、「米とサーカス」さんで食べられる「鹿のハンバーグ」です!!鹿肉100%のお肉につなぎには山芋を使っています。ソースは、写真の「アボカドマスタードソース」と「おろしポン酢ソース」の2種類から選ぶことができます。アボカド好き&ソースでハンバーグにアクセントがほしい人には、アボカドマスタードソースを、さっぱりと食べたい人にはおろしポン酢ソースをオススメします。ハンバーグ自体は、そこまで脂っぽくもないため、どちらのソースを選んでも食べやすいという印象です。

米とサーカス

断面はこんな感じ。ミッチリと肉が詰まっている印象です。ただ、食べてみると見た目とは裏腹のフワフワ感に驚かされます。これはつなぎとして山芋が入っているためで、とてもふんわりとした食感を楽しむことができます。またマスタードソースやおろしポン酢など肉自体がさっぱりしているハンバーグとのマッチンが優れているソースチョイスのため、獣肉初心者の方でも安心して食べられるハンバーグだと思います。
ぜひ、高田馬場で米とサーカスに足を運んだ際にはトライしてみてください!

お店情報はコチラ
所在地 東京都新宿区高田馬場2-19-8
web webサイトはコチラ
営業時間 17:00~5:00(L.O 4:30)
定休日 無休(年始のみ休業)
アクセス JR高田馬場駅 早稲田口 徒歩1分
更新:2014年10月30日
※ 内容は記事更新時の情報です。
関連記事
キッチンoh!way@池袋

2014.08.26

コーヒーエノモト

2014.12.04

新地精肉店福や@北新地(大阪)

2015.02.08

新着記事
「東洋経済」に理事長バーグマン田形が取材対応!

2022.12.16

「CHEER UP!FRIDAY」に理事長バーグマン田形が電話生出演!

2022.11.24

「リア凸WEST」に理事長バーグマン田形がリモート出演!

2022.11.18

"外食レポート" 一覧へ