理事長が斬る!

vol.58

ハンバーグはなぜ楕円形(小判形)なのか?

ハンバーグを食べていて、ふと思うことはないでしょうか。

「なんで、ハンバーグの形って楕円形(小判形)なの?」

これって理由があるのでしょうか…?

■楕円形(小判形)のヒミツはハンバーグの作り方にあり

それは、ハンバーグの作り方が大きなポイントです。
ハンバーグを作る際、肉だねを丸めてから手のひらで伸ばすことがポピュラーです。
また、両手を使ってパタパタと、いわゆる「空気抜きの作業(=厳密には肉だねを効率よく結着させるため)」をする方も多いはずです。
すると、どちらも自然と楕円形(小判形)になるわけです。

あえて、手間をかけて丸く成形し直す方は少ないのではないでしょうか。
肉だねは手の体温でダレてしまい、その分味も落ちてしまいますので、素早く作業する必要があります。
なので、手間の面、味の面から見ても、楕円形(小判形)が主流派になっているのです。

また、丸めた球形状のままだと、フライパンや鉄板では接触面が少なくなり、火の通りが悪くなります。
ならば、小さいサイズにするなり、揚げるなり、煮込むなりすれば…。そう、これってミートボールや肉団子ですよね。
ジャンルの線引きが微妙なところではありますが…(弱火)

手ごねハンバーグ

■楕円形(小判型)であるメリットまとめ

  • 成形しやすい
  • 火が通りやすく、焼きムラができにくい
  • フライパンや鉄板に隙間なく並べることができ、効率がよい
  • 皿に盛り付けた際のバランスがよい

こういった理由から、ハンバーグは楕円形(小判形)が主流になっているのです。
アメリカを始めとする欧米諸国での「ハンバーグ料理」は、ハンバーガーのパテとしての「ハンバーガーステーキ」が基本。
なので、バンズの形に合わせる意味でも、丸い形が主流のようです。

また、ハンバーグ専門店などで人気の「牛肉100%、つなぎなしタイプのハンバーグ」は、厚みのある「フットボール型」「俵型」が主流です。
これは、炭火の高温で焼き上げるなど、設備が整った外食ならではのスタイルといえるでしょう。

更新:2018年10月18日
※ 内容は記事更新時の情報です。
関連記事
文化放送に行ってきました!

2014.05.20

実食!「見蘭牛・男の粗挽きハンバーグ」

2018.07.11

必読!「ハンバーグ縛りの会」からのハンバーグレポート

2018.01.31

新着記事
『Nスタ』に理事長バーグマン田形がリモート出演!

2021.11.30

『mybest』で理事長バーグマン田形が記事を監修!

2021.11.29

『ドデスカ!』に理事長バーグマン田形がリモート出演!

2021.11.25

"理事長が斬る" 一覧へ