理事長が斬る!

vol.30

ずんのやすさんイチオシ「まるみ豚ハンバーグ」

先日、番組ロケでご一緒したお笑い芸人ずんのやすさんから、ハンバーグに関する耳寄りな情報を伺いました。

ずんのやすさんイチオシ「まるみ豚ハンバーグ」

やすさんが今、1番美味しいと思うハンバーグが宮崎県にあるというのです。
宮崎県はやすさんの故郷。
地元ならではの細かい情報、しかも全国各地の食べ歩きにも精通しているやすさんのお墨付き、いやがおうにも期待が高まります。

その名も「まるみ豚(とん)ハンバーグ」!
「まるみ豚」とは宮崎県のブランドポークであり、豚肉独特の臭みがまったくないのが特徴だそう。
この味に惚れ込んだやすさん、通販を利用して芸人仲間や知り合いに贈りまくっているんだとか。

「この豚肉100%のハンバーグがとにかくふっくらジューシーで美味しいから食べてみてよ!」
ということで、私もやすさんのご好意で、「まるみ豚ハンバーグ」をお送りいただきました!

ずんのやすさんイチオシ「まるみ豚ハンバーグ」

化粧箱に詰まった10個の冷凍ハンバーグ!
パンフレットには生産者のこだわりがぎっしりと詰まっていました。
「まるみ豚」とは有限会社協同ファームで生産された豚にのみ許される称号。
美味しさはもちろん、安全性・育てる愛情や環境など、たくさんの「まる」が結集した豚肉でありたいとの願いから命名されたそうです。

ずんのやすさんイチオシ「まるみ豚ハンバーグ」

1個100gですが、もっとありそうに見えるサイズ感。
調味料は食塩、ブラックペッパー、ナツメグぐらい。
肉質の良さを裏付ける内容です。

ずんのやすさんイチオシ「まるみ豚ハンバーグ」

ふっくらさが売りのハンバーグなので、そのふっくらさがより際立つよう、陶板で焼いてみました。
まずは、フライパンで軽く焼き目を付けてから陶板にイン。その際、せっかくの肉の旨みを余すことなく楽しむよう、下に野菜を敷き詰めてみました。
焦げ付き防止にもひと役買ってくれ、蒸し焼き効果もあるので、一石三鳥です♪

ずんのやすさんイチオシ「まるみ豚ハンバーグ」

厚みがあるふっくら加減!脂も乗って輝く照り!見るからに美味しそうです。
まずは、そのまま実食。
うん!抜群にうまい!

ずんのやすさんイチオシ「まるみ豚ハンバーグ」

肉質はふんわりやわらか。
口の中でほどける感じで、豚肉の甘みというか、脂の甘みでしょうか?まろやかジューシーな旨味が口いっぱいに広がります。ご飯との相性も抜群!
オンザライスでハンバーグの旨味を吸ったご飯も最高です!まるみ豚のポテンシャルの高さを感じずにはいられません!

「まるみ豚ハンバーグ」は下記通販サイトで購入可能です。
有限会社協同ファーム
※ まるみ豚ハンバーグ商品の直リンクはこちら

豚肉本来の旨味が凝縮されたハンバーグなので、基本的にはソースは必要ありません。
お好みで薬味や調味料を少~し加えてお楽しみください♪
今回、シンプルな調味料を色々試してみましたが、個人的には豚トロ感覚で楽しめるワサビが1番好みでした。ウスターソースをほんの少し滴らすのもアリですよ♪

今、ブランド豚を使った豚肉100%ハンバーグにブームの兆しがあるのをご存知でしょうか?
テレビや雑誌で引っ張りだこの超人気店、新宿「ハンバーグWill」の「岩中豚のハンバーグ」が火付け役となり、いわゆる「100トンバーグ」が各地で人気を集めています。
「松阪豚のハンバーグ」を看板メニューにしている「渋谷肉横丁」の「呑みだおれ」や、「米澤豚のハンバーグ」を提供するお店も立て続けにメディアに取り上げられ始めました。
この「まるみ豚ハンバーグ」もそれらに続く大ヒットとなりそうな予感…。
何より、値段の安さに驚きです!
百聞は一見に如かず!
まずは、この美味しさをご堪能ください!

ずんのやすさん、美味しいハンバーグをどうもありがとうございました(*´(Å)`*)ノ

更新:2016年10月06日
※ 内容は記事更新時の情報です。