チルド・冷凍ハンバーグレポート

vol.07

【特別企画】コンビニ3社ハンバーグ食べ比べ

2010年(平成22年)に発売されたセブンイレブン『金のハンバーグステーキ』が初年度から200万食の大ヒット!
これを受け、各社が高級路線のプライベートブランドを確立。今やどのコンビニにもプレミアムなハンバーグが並んでいます。

2017年(平成29年)4月には7度目のリニューアルで『金の直火焼ハンバーグ』となりましたが、セブンイレブンの出店ボリューム(全国2万店)もあって、知名度・人気ともにトップを爆走中!
では、その実力やいかに…?他社のコンビニバーグも含め、徹底レビューです!

コンビニハンバーグ 食べ比べ

■セブンイレブン

セブンイレブン セブンプレミアムゴールド『金の直火焼ハンバーグ』 パッケージ

▲セブンプレミアムゴールド『金の直火焼ハンバーグ』

価格:398円 
製造:日本ハム
内容量:210g(固形量145g)/415kcal
調理法:500W~600Wで約3分40秒

セブンイレブン セブンプレミアムゴールド『金の直火焼ハンバーグ』

商品概略

黒毛牛肉(アンガス種)100%使用!ジューシーな ALLビーフハンバーグ。
調理方法をこれまでのオーブン焼きから、「鉄板焼き+直火焼き」製法に変更。これにより、さらに香ばしさ、風味がアップ!
仔牛の骨を煮込んだフォンドボー使用した自家製デミグラスソースで、コクと旨味もアップ!

セブンイレブン セブンプレミアムゴールド『金の直火焼ハンバーグ』断面

実食した感想

口の中でほろほろとほぐれるやわらか食感。ビーフのコクも感じられ、1番肉の味わいが強い印象。割っても肉汁が出ない「閉じ込め系」で、断面もきれいな粒ぞろい。
ソースはほんのりビターで深い味わい。レストランを思わせる高い完成度です。

セブンイレブン セブンプレミアムゴールド『金の直火焼ハンバーグ』 パッケージ表裏

ひと言補足

セブンイレブンはチルドのレギュラー(低価格)商品、冷凍、惣菜と常に多種多彩なハンバーグをラインナップ。『金の直火焼ハンバーグ』以外にもハンバーグに関してかなり力を入れています。

■ローソン

ローソン ローソンセレクトプレミアム『粗挽きのイベリコ豚でジューシーに仕上げたハンバーグ』 パッケージ

▲ローソンセレクトプレミアム『粗挽きのイベリコ豚でジューシーに仕上げたハンバーグ』

価格:399円
製造:滝沢ハム/販売:マルハニチロ
内容量:175g(固形量表記なし)/390kcal ※保存料・合成着色料・化学調味料不使用
調理法:500Wで約3分

ローソン ローソンセレクトプレミアム『粗挽きのイベリコ豚でジューシーに仕上げたハンバーグ』

商品概略

肉の食べごたえ、口どけのよい脂のイベリコ豚を使用。これにより、肉粒感とジューシー感のあるハンバーグに。

ローソン ローソンセレクトプレミアム『粗挽きのイベリコ豚でジューシーに仕上げたハンバーグ』断面

実食した感想

肉のみちみち食感を感じる確かな粗挽き具合。大ぶりな玉ねぎの食感も◎。
独特の酸味と際立つ甘味。とろみあるソースはやみつき系ながら、時間が経つとちょっとクドさを感じてしまうかも…!?

ローソン ローソンセレクトプレミアム『粗挽きのイベリコ豚でジューシーに仕上げたハンバーグ』 パッケージ表裏

ひと言補足

公式サイト上では『プレミアムハンバーグ』表記。説明も簡素で、保存料・合成着色料・化学調味料不使用と最大の長所がありながらも訴求できていないのがもったいない…。

■ファミリーマート

ファミリーマート お母さん食堂『特製デミグラスソースの鉄板焼きハンバーグ』 パッケージ

▲お母さん食堂『特製デミグラスソースの鉄板焼きハンバーグ』

価格:348円
製造:丸大食品
内容量:170g(固形量115g)/cal表示なし
調理法:500Wで約2分20秒

ファミリーマート お母さん食堂『特製デミグラスソースの鉄板焼きハンバーグ』

商品概略

鉄板で焼き上げたハンバーグに特製デミグラスソースを合わせた商品。

ファミリーマート お母さん食堂『特製デミグラスソースの鉄板焼きハンバーグ』断面

実食した感想

割ると肉汁があふれ出すのはインパクト大。結構な弾力と噛みごたえをどう捉えるかが美味しさの分岐点か?
ソースはちょっとトゲトゲした味かと思いきや、後味はすっきり。

ファミリーマート お母さん食堂『特製デミグラスソースの鉄板焼きハンバーグ』 パッケージ表裏

ひと言補足

公式サイトでは階層を掘り下げて行かないと見つからない上、『お母さん食堂』というブランドのアピールもなし。商品説明も商品名通りに留まるなど、売り出す気配があまりに希薄な感じを受けてしまうのが非常にもったいない…。

■結論、どのハンバーグも…

結論、どのコンビニバーグもおいしい(笑)。
宣伝展開含め、ハンバーグの価値を底上げしたセブンイレブンはやはりアッパレな印象です。
今や、どの商品も袋のまま立たせる形でレンジアップ可能。
※湯煎の場合は約10分(ファミマ商品のみ70~80度(沸騰しない程度のお湯で)と注釈あり)の温め

コンビニハンバーグ

このお手軽さと、夕食需要に応えるだけの品質が現在のコンビニハンバーグの主流です。
それぞれ濃いめのソースとのマッチングで仕上がった商品なので、ちょい足し的なアレンジよりは付け合せにこだわった方が楽しめそう?
茹でたほうれん草、軽くソテーしたじゃがいも、ホールコーンなど、野菜をソースに絡めていただくのがオススメですよ♪

更新:2018年04月21日
※ 内容は記事更新時の情報です。
関連記事
黒と黒のハンバーグ 和風タマネギソース

2015.12.26

肉を味わうハンバーグステーキ

2018.04.02

こだわりの贅沢濃厚デミソースで味わうビーフハンバーグ

2015.10.06

新着記事
『す・またん!&ZIP!』に理事長バーグマン田形が出演!

2018.10.15

「ハイリハイリフレハイリホ~♪」80年代ハンバーグCMの世界に迫る

2018.10.13

【秋のライス対決・国民投票開催中】「爆弾ハンバーグ」のフライングガーデンにて!

2018.10.05

"チルド・冷凍レポート" 一覧へ