業界情報

vol.124

【大塚食品】「ゼロミートハンバーグ」新発売!

レトルトカレーの王様「ボンカレー」や、ビタミン炭酸飲料「マッチ」でおなじみの大塚食品株式会社より、大豆を使ったお肉不使用ハンバーグ『ゼロミート デミグラスタイプハンバーグ』『ゼロミート チーズ インデミグラスタイプハンバーグ』の2品が登場。
11月27日(火)より、関東エリアを中心に先行発売が始まりました。

ゼロミート デミグラスタイプハンバーグ

大塚食品 ゼロミート デミグラスタイプハンバーグ

▲ゼロミート デミグラスタイプハンバーグ

【内容量】140g
【希望小売価格】278円(税別)

お肉不使用のハンバーグとデミグラスタイプソースが好相性。お肉を使ったハンバーグのような食感や味、香りが楽しめます。

ゼロミート チーズインデミグラスタイプハンバーグ

大塚食品 ゼロミート チーズインデミグラスタイプハンバーグ

▲ゼロミート チーズインデミグラスタイプハンバーグ

【内容量】140g
【希望小売価格】278円(税別)

上記商品の特徴に加え、チーズインタイプはチーズのような豆乳クリームを使用しています。

■「ゼロミート」ハンバーグの特徴とは?

今回のハンバーグ『ゼロミート』は、素材にお肉を一切使用せず、大豆を使用することでお肉のような食感、味、香りを実現。袋ごと電子レンジで温めるだけの簡単調理で、おいしく楽しめる商品となっています。
また、「フローズンチルド商品」のため、より安定した商品供給、 廃棄ロスを防ぐなど環境に配慮しているのも特徴です。

※ 保管期間は冷凍(フローズン)状態で取り扱い、販売直前に解凍し、チルド食品(要冷蔵)と同じ温度帯で販売する商品のこと

「ハンバーグ新時代」の到来を告げる商品となるか注目!

近年、世界中でハンバーグやソーセージの代わりに食べられる「肉代替商品」が脚光を浴びています。
人口増加による食糧不足、家畜を生産する際の環境負荷の大きさ、健康に気をつかったベジタリアンやビーガン実践者の増加などなど、理由は様々ですが、今後、この流れがさらに拡大することは確実!
こういった商品の市場は一気に拡大するかも知れません。
おいしくヘルシーに楽しむハンバーグの新時代。今後の展開にも注目です!

更新:2018年12月05日
※ 内容は記事更新時の情報です。
関連記事
【黒毛和牛100%のとろけるハンバーグ】「飲めるハンバーグ 自由が丘店」オープン

2018.03.31

【美ら島あぐー豚のハンバーグ登場】全国のジョナサンにて!

2016.10.13

「肉の匠 将泰庵 船橋総本店」が6月1日よりオープン!

2020.06.02

新着記事
“ごはんを美味しく食べるためのハンバーグ” 専門店「ハンバーグッド 」がオープン!

2020.10.05

EC販売開始5分で売り切れ!「オーベルジーヌ」×「塚田農場」コラボ第2弾が登場!

2020.10.01

溢れ出す肉汁とやわらかくとろけるような食感!BAR & GRILL DUMBO『A5黒毛和牛100%ハンバーグ』が新登場

2020.09.13

"業界情報" 一覧へ